ブリタニアの浮雲 - cogna

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜ヘイブン八徳学校「社会見学」 その1

<<   作成日時 : 2006/11/18 16:56   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月17日の22時から桜シャードと飛鳥シャードのヘイブン八徳学校では、ブリテイン街を見学し新市長の元を訪問するという授業が行われました。
 私は桜シャードで、途中から参加をしました。


 ブリテインの市長室へ行ってみると、ちょうどタロン市長と八徳学校の団体が対談をしているところでした。
画像
そのときはブリ1銀に厩舎を設置してほしいという話をしていたらしい。


画像
 しかし厩舎の設置を公約に掲げていたのはシルビア氏。
普段乗馬などをしないタロン市長は、その要望があることは心に留めながらもあまり専心的に考えてはいないようです。



 桜シャードでとくに多くの人たちから所望されている桜の木を植える話。
画像


 しかし桜の木が群生(しかも散らない)できているのはいまのところ徳之島諸島だけであり、ブリテインでは風土が合わず枯れてしまうのだそうです。
画像



 ですが以前、2006年4月にブリタニアイベント振興会がマジンシアに桜の木を植えたところ、その場の土壌が不向きで桜が咲かないという事態がありました。
その内容はこちら
ブリカツ様の当時の記事へリンクを貼らせていただきました。多謝)
そして冒険者の手によりたくさんのFertile Dirt(肥沃な土)が集められ、見事桜を満開にさせることができました。

 ですので、またみんなの力を集結し世話をし続ければブリテインにも桜の木を生き続けさせることができるかもしれません。
またそのような力が必要になるならば、全力をあげて協力したいという声が上がる。
画像

 もしかすると、桜を植えたならその先ずっとFertile Dirtの供給などを損ねてはいけないなどの条件がつくかも?



 この他にもいくつか質問があがり、なかにはこんな質問もありました。
画像
コンパニオンのFayubuさんから。

画像
たじろぐ市長。


 しかし、「結婚はされているのか?」という質問が続き、
画像
それに答えたタロン市長はFayubuさんの質問には答えずじまいでした。


 そしてその質問の後に秘書のオーティスさんが来室し、ブリテイン商工会議所との会議があるということで、オーティスさんの開いた専用ゲートでタロン市長は去っていきました。
画像





 八徳学校の授業はまだ続きます。
その後は宮殿内へと入り、王座の間を見学しました。
画像




 そして城外へと出て、ブリテイン公立図書館を経由し北鍛冶屋へ。
画像
店内からはバシネットの女性店員が現れ、みんなと会話をしました。

 タロン市長はここで働いたことがあるかという質問で、一度は違うと答えた彼女でしたが
画像
店内からの声で、タロン市長がここに居たと訂正しました。

 その後、その店員さんは店内からの声の主にお使いを頼まれ、去っていきました。


 その2へ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜ヘイブン八徳学校「社会見学」 その1 ブリタニアの浮雲 - cogna/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる