ブリタニアの浮雲 - cogna

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐怖!サーバの境界線と謎のお婆さん

<<   作成日時 : 2007/01/28 04:09   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月20日Sakuraシャード。なにやらお婆さんとたくさんの人たちの集団が、畑でカブを抜いたり城の濠で釣りをしていたという話を聞き、一行がバッカニアーズ・デンに移動したということで自分も行ってみました。

画像


 なにやらこの場所でみんな一列に並び、お婆さんは鍋の前で何かをしているが…。

画像


 ……。
………まだ?

みんなして黙っちゃったけど…。
なんかじっくりと煮込んでるんだろうか…。


なんかおかしいな。誰も一歩も動かないし…。


 と思っていると、
画像

どういうことだろうとお風呂場のほうへ行ってみる。


画像

 そこでは既に、多くの人が裸になりお風呂に浸かっていた。


画像

なんかばあさんが喜んでる。

画像

 さっきまで畑にいたので、ここで土ぼこりを落としていたらしい。

画像

そしてお婆さんが白い液状のものが入った瓶を差し出した。

画像

 それじゃあまるで、宮沢賢治の注文の多い料理店…。

画像


 そろそろ鍋も煮えたころだと言うので、また先ほどの鍋の場所へと戻りました。

 そしてまたあの場所へと並ぶと…。

またしても皆が動かない。


 もしかすると、と思い軍馬を召喚して騎乗すると、突如みんなが鍋の周りに群がっていた。

画像



画像

 そう、デンのこの付近はサーバの境界線。
私はなぜだかその境界線の影響で、周りの時が止まっていたのでした。
なるほど!ザ・ワールド!


 なにかを集めるでな〜というお婆さん。
周りに何かを撒いて回ると…

画像

そこから鶏が何匹も湧き出した!

 訳が分からずにいると、参加者によって次々と屠られる鶏たち。

画像

どうやら食材となるようです。


画像

 おぬしら一体何じゃと思っていたのだ?といぶかしげに聞いてくるお婆さん。


画像

どうやらお婆さんは口うるさくてかなりの世話焼きだったようだ。
そしてその口うるささが災いして、息子さんが出て行ってしまったんだそうな。

 それで一人で鍋をするのも寂しくて、みんなを誘っていたらしい。

画像

 すると参加していた一人の男性が、自分の息子に似ているとお婆さんに言い寄られた。

画像

胸の筋肉が似てるとかで、その人の体を触るばあさん。
(本人が触って確かめなよって言ったからだけど)


画像

 と、そうこうするうちに鍋が完成しました。

画像

みんなに振舞われるトマトスープ色の鶏鍋。
しかしみんなが一斉に重なってたので、私は食べることができなかった。


 食べ終わると、お婆さんはお腹もいっぱいになったので寝ると言い出した。
息子に似ているという、ノリの良い彼と一緒に…。

画像


 2人して家屋の中へと入っていった。

画像

 一斉にその家へと張り付き、中の様子を伺う我々。


画像

 しばらくして…

画像

突如、中から悲鳴が聞こえてくる。

 慌ててみんなが家の中へと入ると、そこには無残な下半身がひとつ…。

画像


そして鍋の周りにも様々な肉片が…。

画像

もしかして、人肉鍋?


 ああ、食べなくて良かった…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐怖!サーバの境界線と謎のお婆さん ブリタニアの浮雲 - cogna/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる