モンバット帰郷

2008年10月8日 Sakuraシャード
ブリテインの街に一匹のモンバットがやって来ました。

画像

銀行の前を気ままに歩き回るモンバット。

画像
中の人などいない!


画像

大量のバナナを分けてもらって、すっかり黄色のJester hatをかぶった彼に懐いたモンバットですが、またふらふらと飛び出して、お城の堀を登り始めました。

画像

しかし力尽きてしまって、すぐに水路に落っこちてしまいます。
最初は穴でも掘っているのかなぁと思ったのですが、何度も何度もよじ登っては這い上がろうとしているので、どうやらお城のほうへ行こうとしているようです。
だけどその度に落ちて、毎回羽を乾かす姿が可愛らしい。

画像

と、ここで皇居のお堀に飛び込んだ外国人みたいだという声が。そうか、そういえばかなりタイムリーなネタだったなぁ。

まぁそんなにお城に行きたいんならと、みんなでモンバットを案内してあげることにしました。
正面の門をくぐり謁見の間へ。
しかしモンバットはそこからずっと上を見つめています。
上に行きたいのかと二階に来てもまだ上を見上げるモンバット。

画像

ここから上の階はないはずなので、どうやら目的は屋上のようです。
でも屋上に上がるような階段はなかったはず。

みんなが城中を走り回って屋上へ行く方法を探しましたが、やっぱり見当たらない。
いつのまにかモンバットを含めた集団が屋上に立っていたのですが、だれかがゲートを開いたのかな。
私もゲートを開いてもらって、彼らのもとに向かいました。

画像

そこからモンバットはずっと森が広がる方向を眺めていました。
もしや森へ帰りたいのでは、という声が上がります。
いや別の街でコーブとかべスパーではという憶測も飛び交ったのですが、モンバットがよく出る森はどこかという連想からムーングロウへ行こうという流れになったようで、我々はムーングロウへと飛びました。

画像

ここから南下し森を目指す一行。
森の入り口へと到達すると、突然モンバットが脅えだします。
なにを脅えているのかと思ったそのとき、どこからやってきたのか大量の亜人モンスターが沸き出しました。
それからも森の中をうろうろしていると亜人モンスターがひっきりなしに沸いてきます。

画像

ですがそれほど強い敵でもないので沸くたびに倒しながら進むと、ムーングロウの動物園までやってきました。
するとモンバットは、ここが故郷だったことを思い出したようです。
ここに帰ってこようとした辺り、脱走というわけでもなさそうですね。お散歩気分だったのかもしれません。

園内を奥のほうまで入って行くと、モンバットは沼地の前で立ち止まりました。

画像

なぜかちょっと意外。まぁ沼地にもモンバットはいたような気がするなぁ。
戻ってこれたことに喜ぶモンバットは、羽の裏から食べ物を取り出して皆に配り始めました。
それもリンゴやバナナと多種多様なようで、頬袋みたなものが羽の付け根にでもあるんだろうか・・・。

配り終えたモンバットといよいよお別れの時となりました。
モンバットは大きく羽を広げ、柵を越えて中に入ろうとします。
さようならモンバット。また会おうね・・・。

画像







画像

えっ、そっち!??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック