お手製クルミパイ

2008年3月12日 Yamato

画像

 ブリテインの街中に現れたSelenaさん。
 友達に上げるパイの中にクルミを入れたいのだそうで、それを探しにきていた。
 ただ彼女、ひどい迷子癖があるらしい。
 クルミを拾いにみんなで北の森の中へ。狙うのは、冬の間に動物達が埋めてそのまま忘れてしまったクルミなのだそうだ。

画像

 なぜかよく沸くモンスターを尻目に土の中からクルミを探し出すSelenaさん。
 必要な分を見つけ出すと、皆で一緒にパイ作りをしようと言い出した。

画像

 街のパン屋までやってくると、Selenaさんが材料や道具を揃えてくれた。
 料理スキルが無い人や初めて作る人と一緒に、手順を教わりながらゆっくりパイ作りに励む。

画像

 みんなが着々とパイを完成させる中、Selenaさんのクルミパイは、おしゃべりのし過ぎでちょっとこんがり気味に。
 パイが完成すると、Selenaさんは友達のところへ一緒に行かないかと持ちかける。

画像

 Selenaさんの友達が待つその場所は、数多くのペットが眠る慰霊碑の前だった。
 今回作ったクルミパイは、彼女が飼っていたピピという小鳥が大好物にしていたものだった。
 そして毎年、彼女はその小鳥の誕生日にクルミパイを作って持ってきていた。

画像

 私達もパイをお供えすると、そこにやって来たのは大群の小鳥たち。
 毎年クルミパイを持ってきていたら、いつの間にか集まるようになったんだとか。
 これでピピも寂しくないよねとSelenaさん。そして彼女自身も。







 ところで、SS撮ったらすぐにアップできるような便利なツールはないですかね…。
 編集やアップロードに時間が掛かってしまって。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック